忍者ブログ

[PR]

2017年04月25日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

全国図鑑NO.181『デンリュウ』

2011年01月05日
p009
アタイはデンリュウ。でんきのドラゴンさ!!

ミカンちゃんからアカリちゃんを奪ってしまいました^0^

さて、このデンリュウ
HGSS時代に育てたポケモンです。その頃の私は、ガチ育成をしていなかったので
個体値がそんなに高くなかったり、努力値も255振りされていたりしますw
HGSSからずっと共に戦ってきたので、愛着が沸いて育てなおす気がしないポケモンだったりします。

そんなデンリュウの型は
『ごまかし型』
リフレクターひかりのかべを貼ることによって、味方の役割を
強行的に遂行させることが出来ます。
(例として:サンドパンでマニュを突破、ロズレイドで特殊氷受けetc)
要するに壁張りサポーターです。


デンリュウはHGSSの遺伝もしくはPDWでリフレクターをおぼえられます。
そしてわざマシンでひかりのかべをおぼえます。
攻撃技は一致技からほうでんを選択。麻痺狙いです。
でんじはは確実に麻痺らせられるからそっちのがいいのでは?
と思うかも知れませんが、技スぺが足りません。
残り二つの技スぺに、両方でんきタイプを入れたら
じめんで完璧に止まります。
よって、攻撃と麻痺狙いを兼用できるほうでんを選択しました。
直接攻撃をしてくるポケモンに対しては、ほうでん+せいでんきで
51%の確率で麻痺らせられます。なかなかな期待値。
そしてサブウェポンとしてきあいだまを選択。
とくこう無振りなので効果力技を選択しました。
ゴルーグを意識するなら、めざパ氷でもいいのですが
いかんせん火力不足です。どんなタイプの技にも出来るけど
威力が70までしかいかないのがめざパ
めざパは万能な技じゃないんですよね。どちらかというと微妙な技かも知れ(ry
C振りするならめざパはアリですが、そもそもこの方の役割を遂行するなら
C無振り推奨です。無振りとは言えとくこう種族値115。
それなりのダメージを与えられます。

というわけで努力値はHB振り。理由は本当にじしんが飛んできやすいからw
性格はずぶとい。とにかく防御を上げますw
それによって、意地っ張りA振りガブの一致じしんを確定耐えします。
ようするに、初手で出せばきゅうしょにでも当たらない限り、
ほとんど全ての物理攻撃を1撃耐えてくれます。
(例外をあげるなら、たまガブはちまきガブや、ジュエル一致じしん等)
そこからの壁張り。完全に味方のサポートになりますが、
バンギなどには壁貼って更にきあいだまをお見舞いするくらいの余裕がありますwww
また、特殊耐久もそれなりにあります。H振り+とくぼう種族値90ですからね。

持ち物はひかりのねんど、デンリュウはねむるくらいしか再生技がないので
再び壁を貼るのは難しいです。すこしでも壁の恩恵を受けられるように、ひかりのねんどを持たせました。
これによって、普段は耐久がないためイマイチ活躍できないパーティも、
輝ける機会が増えるんですよwww
マイナーパーティを作るなら
誤魔化しパーティが結構使いやすいです。
ガチパで壁を貼られると、極悪な事になりますwww
注意点はかわらわり、特性すりぬけですね。
急所は貼ろうが貼るまいが出たら終わりだし…

と言うわけで
デンリュウの考察、終了!!
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: